武者絵の里 大畑

武者絵の里 大畑 は日本の心を伝える武者絵のぼり

 
 

商品カテゴリ

コンテンツ

メール会員登録

 

HOME»  会社紹介

会社紹介

大畑家武者絵ののぼりの歴史

大畑家武者絵ののぼりの歴史

 

大畑家は、遠祖を上野国(群馬県)小幡の城主とする旧家で、この地に土着後、寛文年間(1673~1693)から紺屋業を営み、赤穂浪士の討入装束や名力士雷電の浴衣を染めたなどの口碑伝承がある。
武者絵のぼりの制作を始めたのは明治22年からで、以来3代にわたって現在に至っている。
関東甲信越手仕事会を勤めた2代目耕雲(力三)は、日本の武者絵のぼり描きNo.1として栃木県無形文化財に指定され活躍し、現在は3代目耕雲(英雄)によってその技術が継承されている。
約300年の歴史をもつ大畑家の伝統武者絵は五月節句の武者絵のぼりの他、陶器、掛軸大谷石、欅板などに勇壮に描かれふるきよき時代の郷愁を誘う。
昭和51年には天皇、皇后両陛下御前にて武者絵描きを実演し、郷土栃木の手仕事の美を披露している。(右記写真参考)
武者絵のぼりには型染めと手書きとがあります。

 

店舗概要

会社名 有限会社 武者絵の里 大畑
運営責任者 大畑 英雄
所在地 〒321-3412 栃木県芳賀郡市貝町大字田野辺723
TEL 0285-68-0108
MAIL info@musyae-ohata.com
武者絵の里 大畑の沿革 元禄14年 江戸紺屋と称し紺屋を創業。副業に絵のぼりも描く。
明治22年 武者絵のぼり友染型染を考案し染めあげる。手描き鯉のぼりを制作。
昭和29年 日本民芸協会褒賞。
昭和40年 日本ナンバーワン展表彰。
昭和45年 万国博覧会出品し好評。
昭和49年 武者絵のぼり捺染型染を考案し制作する(綿)
昭和50年 栃木県文化財功労賞受賞。鯉のぼりも捺染で制作(綿)(2代目耕雲)
昭和51年 天皇・皇后両陛下御前にて武者絵実演の光栄に浴す。
昭和53年 栃木県無形文化財に認定(2代目耕雲)

 

アクセスマップ